総合型地域スポーツクラブって?

スポーツを通じた地域コミュニケーション

 「総合型地域スポーツクラブ」は、スポーツの得意・不得意、性や年齢などにかかわりなく、地域の誰でもが、継続的にスポーツに親しむことができるような環境づくりを目指すものです。

 そのような環境が整えられることは、結果として、種目を超えた協同の体系(多種目)、世代を超えた人的交流(多世代)、スポーツ参加目的の多様性(多志向)をもたらします。

 「総合型地域スポーツクラブ」の特徴は、多種目多世代多志向といった、地域住民にとっての”公共性”が保たれるところにあります。

いまなぜ総合型地域スポーツクラブなの?

 総合型地域スポーツクラブは「新しい公共」の担い手として期待されています。

新しい公共とは・・・

①高度経済成長時代

 行政が中心となって地域のコミュニティーを担っていた。

②現在

 行政の財政が厳しくなってきて、公助の部分がどんどん縮小し、サービスの部分が空洞化してきた。

③これからの地域コミュニティーをめざして

 今までのサービスを取り戻すために、新しい地域コミュニティーづくりの一つとして「新しい公共」が必要

 「新しい公共」として「総合型地域スポーツクラブ」で地域コミュニティーを形成していく。